事業内容

ゲノムクリニックが取り組む事業について

ゲノム・DNA解析技術を核として、人々の健康に寄与する技術の研究・開発を行い、医療実装化を目指します。

乳がん・卵巣がん遺伝子リスク判定

乳がん・卵巣がんにより日本では年間約2万人が亡くなっています。乳がん・卵巣がんは他のがんと同様、早期に発見し治療することが重要ですが、いまだ十分ではありません。これまでの研究から、乳がん・卵巣がんを発症した方のうち、約10-15%は生まれながらに遺伝子のリスクを持っており、がんを発症しやすいことが分かってきました。そのような方は血縁者にがんを発症した方が多いなどの濃厚な家族歴があることが多く、遺伝医療の対象となってきました。一方、米国における大規模な研究から、濃厚な家族歴のない方にも時に遺伝子の異常があり、がんを発症しやすいことが明らかとなりました。BRCA Seq(ブラカ・シーク)を多くの方々に受けていただくことで、乳がん・卵巣がんのリスクを発症前にあらかじめ知り、適切な検診で早期にがんの治療につなげていただきたいと考えています。


詳細はこちら

体外受精胚の着床能指標を提供するサービス

不妊治療中のご夫婦に向けて、体外受精時に得られる胚培養液中ミトコンドリアDNA濃度を評価することにより、着床能の指標とする新たな評価法の取り組みです。


詳細はこちら

ゲノム解析を活用したがんの早期発見・介入に関する研究

全ゲノム/全遺伝子解析による、より正確ながん発症リスク判定を目指しています。少数かつ限定的な遺伝子変異のみから評価する従来の遺伝学的検査を改善し、網羅的かつ総合的な発症予測に基づき医学的介入が行える技術を確立するために研究を行っています。